WINERY INTRODUCTION
ワイナリーのご紹介

> ワイナリーのご紹介

ワイナリー紹介

Castello di Luzzano

Castello Di Luzzano

カステッロ・ディ・ルッツァーノは、 エミリア・ロマーニャ州とロンバルディア州の州境、標高270mの丘陵に位置し、この土地に歴史を重ねる旧家フガッツァ家のワイナリー。

この地域はイタリア最古のワイン生産地帯の一つだが、とりわけCastello di Luzzano カステッロ・ディ・ルッツァーノは古い歴史を持ち、西暦千年の時点ですでにワイン造りの記述が文献に残されており、パヴィアのサン=ピエトロ修道院に寄贈品として納められていました。

Castello Di Luzzano

ジョバネーラ フッガッサ 現在80haの中に40haのDOCの畑を所有しています。 
長年にわたって評価されてきた高品質なワインは、温和で風通しのよい気候、泥灰質土壌、そして、すべて慎重な手づみ選択によってエレガントで完璧なバランスのワインが生み出されます。
フランクシナトラや著名なワイン・マスターのモーリン・アシュレイも絶賛している。

オーナーのGiovannela Fugazza(ジョバネーラ フッガッサ)

1747年からの歴史ある名家フッガサ家のルッザーノ城のオーナー40年前から父親のワイン事業を姉のマリアジュアリアーノと共に継承し、現在に至る。また、イタリア国内のワインに携わっている女性たちのアソシエーション“ Le Donne Del Vino” の創始者の一人でもある。

新聞 Castello di Luzzano城をデザイン設計したポルタルッピは、ミラノにあるダビンチの家を設計した人物で、またダビンチの葡萄畑がこの土地の地形に酷似しているためダビンチはCastello di Luzzano に滞在していたのではないかと、ミラノ大学とともに研究している。 

今年は、ダビンチ博物館の要請により彼の愛飲していたブドウ品種のマルバシアをミラノのダビンチ畑より、Castello di Luzzano に運びダビンチ家の子孫と共に昔ながらの製法でワインを醸造したイタリア国内ではレオナルドダビンチのワインに関する研究者としてTV、新聞にも紹介されている。

槇島あつ子 日本人葡萄栽培家*Atsuko Makishima(槇島あつ子)

東京で生まれ育つ、25年間ほぼ毎日、ワインを愛飲していたが6−7年前からワインに含まれている添加物や防腐剤に対するアレルギー症状でグラス一杯のワインを飲むだけで気分が悪くなり飲めなくなった。

大好きなワインを美味しい食事とともに一生飲みたい一心で探し求めたワイナリーが、Castello di Luzzano。
ここで暮らすために海外でシェラトングループと展開していた日本料理店を売却し2012年より生活拠点をイタリアに移し、Castello di LuzzanoでオーナーのGivannnellaと共に自然に優しいワイン造りに励んでいる。