L a C o t t a  Q & A
ラコッタ  Q & A

> BEER > LaCottaビール Q&A

ラコッタ社はお客様からのご質問にいつでも必ずお答えします


回答をごまかしたりするようなビールは一切製造していません






Q1

大麦は人体に有益とされていますが、ビールに転化してもそう言い切れますか?

土壌管理から最終工程に至る一切において化学物質を完全に排除しているラコッタビールにおいては自信をもってYESです。





Q2

ホップ不使用のビールがありますが、ホップを使わずにビールは造れるものですか?

もちろんです。ホップとはビールの苦みやニオイを強調する目的で使われる材料ですから、
苦みやニオイを抑えたさわやかなテイストのビール造りには必要ではありません。

※ホップ不使用のビールは別注にて承ります。どうぞお気軽にご用命ください。


Q3

流通や廃棄が簡単な「缶」ではなく「ガラス瓶」にこだわる理由はなんですか?

最も憂慮することは、缶の金属性物質がビール液体中に溶け出すことによる人体への悪影響です。
さらに、ガラスは缶よりもリサイクルに優れた物質であることは世界的に実証されていますから、
流通や廃棄の手軽さよりもラコッタは「瓶」にこだわり続けます。





Q4

ラコッタ=オーガニックということですが、オーガニックやビオというカテゴリーには

様々な化学物質が認められている農法や製法もあり、この点はどうですか?

ラコッタでは、土を耕すところからお客様のお手元に届くまでの全工程で、いかなる除草剤も農薬も、
いかなる化学物質も一切使用していないと胸を張って断言します。ラコッタはこれを信条にしています。





Q5


低発泡のビールとは一体どのようなものですか? ビールなのになぜ低発泡なのですか?

日本で多く流通しているビールは「炭酸飲料のような発泡が高い」ビールとのことですが、
元来、化学的な二酸化炭素などを一切充填せずに造るビールは決して強炭酸飲料のようには至りません。
自然に発酵させたビールはラコッタビールのような発泡度が限界ではないでしょうか。
例え原材料が無農薬であっても最終的に二酸化炭素などの化学物質を充填しているビールを
ラコッタではオーガニックビールとは言いません。





Q6

「農業」や「農家」という単語をラコッタでは頻繁に使用していますが、

一般的に使われている「ビール醸造家/醸造者」という表現を好まない理由はなんですか?


ラコッタのビール造りは、丘陵地帯の最高部にある畑を耕すところから始まります。
肥料や製造過程における全てにおいて化学物質を完全に排除して造るビールは農業そのものです。
農業と真面目に日々取り組むことは容易なことではありませんが、ラコッタの誰もが農家であることを
誇りにしています。ここがラコッタの原点です。





Q7


自社レストランまでオープンした理由はなんですか?

レストランをオープンした2007年当時でも、完全なオーガニックビールというものへの理解が乏しい
現実がありました。知名度や価格や流通などの多岐にわたって誰もが取り扱いをためらうのであれば、
ラコッタは満を持して自社レストランをオープンし、意識の高い人々と直接つながりたいと考えました。
所在地への利便性が低いにも関わらず、現在では連日満席のお店に成長しました。フードメニューもオーガニックに
こだわり、活気にあふれたこの特別な場所はラコッタに日々喜びをもたらしてくれています。


ご質問はいつでも喜んで承ります。どうぞお気軽にお問合せください。