OTHER WINE
その他のワイン

> OTHER WINE > オトリ・デル・サレント

OTRI DEL SALENTO

オトリ・デル・サレント

所在地 プーリア州 サレント 
オーナー イヴァン・コンテ
設立 2015年
ロゴ

OTRI DEL SALENTOは1950年、現在の代表を務める イヴァン·コンテ(Ivan Conte)の祖⽗ビアージョ·マニエーリ(Biagio Manieri)が サレントの地に2ヘクタールの葡萄畑を購⼊したところから始まった。

徐々に購⼊⾯積を増やし、現在はLeverano(レヴェラーノ)と Veglie(ヴェリエ)に50ヘクタールを超える規模にまで発展し、 ネグロ·アマーロとプリミティーヴォを栽培している。

これまではプーリア各地のワイナリーに葡萄を売っていたが、
2015年に祖⽗と叔⽗のトニーノ·マニエーリ(Tonino Manieri)が ⾃社ワイナリーを設⽴し、
2016年から⽣産を開始した。

イヴァン·コンテは1990年⽣まれ、27歳という若さだが ⼤変な情熱家で、
まだ、若いワイナリーを世界に広めることに⽇々邁進している。
⽣産しているワインはプーリアの固有種である葡萄のプリミティーヴォ、
ネグロ·アマーロ、ウーヴァ·ディ·トロイア、マルヴァジア·ネーラ、
マルヴァジア·ビアンコなどの他、国際品種であるシャルドネ、 シラー、
メルロ、カベルネ·ソーヴィニョンなども栽培し、
世界に通⽤するワインを造り始めている将来⾮常に有望なワイナリーである。

このワイナリーの商品を購入する »

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ワインの一覧ページへ戻る »